ポリフェノールサプリの効果別ランキング!口コミ人気はどれ?

ポリフェノールがアレルギーに効く?

 

アレルギー症状に悩む人が多いのが現代人の特徴と言われていますが、アトピー性皮膚炎や花粉症といったものは多くの人が悩んでいる問題です。こういったアレルギー症状を抑える効果を持っているのもポリフェノールのメリットです。ポリフェノールといえば抗酸化作用が注目されていますが、ポリフェノールが不足すると、様々な部分で健康に害が生じてきます。体の細胞が弱ったり変質したりし、正常に作動しなくなるリスクが高まってしまいます。

 

アレルギー反応というのは、免疫系の異常反応によって、免疫機能が体を攻撃してしまう状態です。ポリフェノールの働きによって、体の機能が正常化させることでやっかいなアレルギー症状を改善できると考えられます。ポリフェノールには抗アレルギー作用があるとされていて、アレルギーの原因でもあるヒスタミンを抑制し、またアレルギーによって増加する活性酸素を分解してくれる作用が期待できます。活性酸素はアレルギー反応の裏に隠れて、炎症などの際に急増し、症状の悪化や体質を弱くする一因として働きかけています。

 

ポリフェノールの抗酸化作用や、ヒスタミンを抑える作用、また殺菌作用は、総合的に働きかけてアレルギーを抑性するようにしてくれます。アレルギー予防のためには、アレルゲンを避けるということはもちろんですが、ヒスタミン分泌を抑えることも重要です。ポリフェノールは毎日摂取する必要がありますが、アレルギーのトラブルを考えると、毎日頑張って摂取したいですね。

 

ポリフェノールと女性のホルモンバランス

 

ポリフェノールの中には、女性のホルモンバランスを整えるためにも有効な効果があるものが多いです。ポリフェノールはアンチエイジングにも効果がありますから、普段から摂取している人も多いのではないでしょうか。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類がありますが、このうちポリフェノールのイソフラボンは、エストロゲンと良く似た作用をしてくれるので、女性ホルモンのバランスが崩れたときに改善する効果があります。

 

また、ポリフェノールの抗酸化作用は、生殖器の状態を良好に保ってその活動を正常化させる働きをします。ただ、ポリフェノールは水溶性の成分が多く、体内の水分排出を促す部分があるので、過剰摂取によって乾燥肌を誘発するリスクもあると言われています。せっかく美容や健康のためにポリフェノールを摂取して肌トラブルになっては残念ですから、過剰摂取には注意しましょう。

 

ポリフェノールはまた、体からどんどん使われては排出されていくので、蓄積することができず、毎日摂取する必要があります。ビタミンやミネラルもそうですが、ポリフェノールは毎日野菜や果物を通して摂取してこそ、健康や美容に役立てることができます。普段から野菜不足などに注意して、積極的に摂取しましょう。

 

ポリフェノールは、コーヒーや緑茶、赤ワインなどの飲みものからも摂取することが可能ですから、普段口にしているものを見直してみて、ポリフェノールの摂取を増やすようにしてみてはいかがでしょうか。ホルモンバランスもきっと安定してくるはずです。

 

ポリフェノールの摂取を考える

 

ポリフェノールは果物や野菜に多く含まれています。自然界には4,000〜5,000種類ものポリフェノールがあると言われ、どれも優れた抗酸化作用を持っています。特に有名なものとしては、大豆などに含まれるイソフラボンや、ココアやチョコレートに含まれるカカオポリフェノール、緑茶に多いカテキンや、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などがあります。

 

ポリフェノールの主な効能としては、抗酸化作用による体内の活性酸素除去効果や、それによるアンチエイジング効果、LDLコレステロールの除去作用血液をサラサラ効果などがあります。基本的に体内で必要分だけ使われて、残りはすぐに排出されてしまいます。一日の目標摂取目安量は1,500mgと言われています。ただ、ポリフェノールは上記のように種類が様々ですから、特定のものから摂取するよりも多くの種類の食品から摂取するのが望ましいとされています。

 

現在、成人のポリフェノール平均摂取量は一日あたり約1,000mgと言われていますから、少し頑張って野菜や果物と言った食品を口にしていく必要があります。もちろん飲み物でも良いのですが、飲み物は糖分やカフェイン、アルコールなど、他の健康を害する要因を含んでいることがありますし、すでに十分飲みものからポリフェノールを摂取している場合は栄養バランスを崩してしまう可能性があります。できるだけ食品を中心に摂取するのが良いでしょう。

 

健康効果の高いポリフェノールは、現代の医学でも治療が難しい難病や生活習慣病の改善に大きな力を発揮すると期待されています。是非積極的に摂取しましょう。

 

ポリフェノールはガンにも効く

 

ポリフェノールの有名な効果として、ガンの予防効果があります。活性酸素は細胞膜を攻撃して、中のDNAまで傷付けてしまい、そのために突然変異を起こすことによってガンが生じると考えられます。ポリフェノールは抗酸化作用をもって細胞をきれいにし、酸化を防ぎます。活性酸素が除去されれば、細胞へのダメージもなくなりますから、細胞の修復や新しい細胞の再生などの代謝活動も正常になっていき、免疫も元に戻るはずなのです。

 

ポリフェノールといっても種類はいろいろですから、どれが良いのかという話になりますよね。基本的にはどれも抗酸化作用が高いので問題はありませんが、特に効果が注目されているものとしては、緑茶ポリフェノール、コーヒーポリフェノール、リンゴポリフェノールがあります。これらを紹介する書籍も多くありますから、聞いたことのある人もきっと多いのではないでしょうか。

 

緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールです。カテキンは抗酸化作用や殺菌作用が高いことでも知られ、様々な健康効果が緑茶にはあると昔から言われてきました。また、カテキンの主成分であるエピガロカテキンガレートには強力な抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗ガン作用、抗菌作用といったものがあることがわかっています。

 

コーヒーを飲むとガンになりにくくなるという話もありますが、コーヒーの中のクロロゲン酸というポリフェノールはガン抑制効果が高いポリフェノールとされていて、特に直腸ガン、胃ガン、肝臓ガンといったガンに有効です。とは言っても、飲みすぎはやはり体によくないので、適度な量を心がけましょう。リンゴもガンに有効な食品で、リンゴを食べている人はガンになりにくいという統計もあるそうです。リンゴに含まれるポリフェノールの働きが有効に働いていると考えられています。

 

ポリフェノールは糖尿病にも有効

 

ポリフェノールは多くの生活習慣病に対しても有効とされていますが、糖尿病に対してはどのように作用するのでしょうか。食事によって摂取した糖分が、血液中で過剰になることによって生じる糖尿病ですが、血液中にブドウ糖が多くなると、インスリン分泌において異常が生じている、もしくはインスリンに対する体の反応に異常が生じているために、血糖値が高い状態が続くようになってしまっています。

 

血糖値が高い状態が続くと、糖尿病の悪化を招くだけでなく、たくさんの合併症の原因となってしまいます。合併症が出ると症状に苦しむだけでなく、治療も困難になりますから注意しなくてはなりません。日本の糖尿病患者の95%は生活習慣や運動などに問題があるために起っている糖尿病で、生活習慣によってインスリンの分泌に異常が生じているそうです。

 

ポリフェノールが血糖値を抑え、糖尿病に有効なのは、いろんな研究によって判明しています。ポリフェノールには血液サラサラ効果や血糖値を低下させる効果がありますし、また体の様々な不調を整えて正常な状態を維持する作用があります。多くの場合、疲労やストレス、悪い生活リズムなどによって、体内で活性酸素が大量に発生し、自律神経や正常な体の機能を狂わせていると考えられるからです。

 

ポリフェノールは高い抗酸化作用によって、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の予防・改善に有効です。しかしながら、ポリフェノールだけで問題が解決するわけではありませんから、生活習慣病に関しては普段の生活習慣の見直しが必要不可欠です。

 

柚子に含まれるヘスペリジンで血流を改善しましょう

 

柚子といえば、冬至の日に入る柚子湯を思い浮かべる方も多のではないでしょうか。冬至とは1年で一番日照時間が短い日です。冬至の日にかぼちゃを食べる習わしは、体を温め免疫力を高める事で風邪などの予防に効くので長生きできる、との理由です。そして柚子湯に入る習わしは、柚子には血行を良くし体を温める効果があるので1年間風邪をひかないと言われているからです。

 

では柚子をお風呂に浮かべる事で得られる効能についてみてみましょう。柚子の皮から「ヘスペリジン」と「リモネン」が染み出しますヘスペリジンには毛細血管を強くし、血行を良くする効果があります。リモネンにも血行促進や美白美容効果があります。柚子の旬である10〜12月はだんだん寒くなる時期ですね。寒いと毛細血管が縮んでしまい血流が悪くなってしまいます。酸素や栄養素が体のすみずみに運ばれなくなると、手足の先が冷たくなったり冷えの原因になってしまいます。ヘスペリジンやリモネンには毛細血管を広げる効果もあるので血流の改善に役立ちます。

 

また、柚子に含まれる豊富なビタミンCには美肌効果やストレスを緩和させる効果、幸福感を得られるドーパミンとを作るサポートをする効果もあります。また、ビタミンCにはシミやくすみの原因であるメラミンを作るチロシナーゼの働きを抑える効果もあります。このように柚子には女性にとって嬉しい効能がたくさんあります。美肌や冷えの改善のためにも是非取り入れたい果物です。

 

体の中から温めよう⇒ ヘスペリジンサプリランキング@低体温、冷え性の方必見

 

様々な生理不順

 

規則正しく月経が来ない生理不順は、人によっては初潮からずっとと言う人もいたり、一時的に不規則になったりする人、更年期になってから急に不規則になる人など、その表れ方も様々です。月経が規則的に来ているかは、心身の健康状態を示すバロメーターになりますから、しっかり整えていくことが大切です。

 

もちろん、毎月同じように来ないからと言って全てが生理不順というわけではなく、正常な月経周期とされている25〜38日の間に生理が来るなら正常で、それから外れる場合には生理不順とされます。

 

月経周期は24日以下なら「頻発月経」、月経周期が39日以上なら「希発月経」、排卵を伴わない月経は「無排卵月経」といい、全て深刻な月経異常となります。もしも、3ヶ月間全く月経が無い場合には「無月経」となり、生理不順よりもより深刻な状態と言えるでしょう。

 

生理不順が続いても、数ヶ月後には元に戻るのであれば特に心配するようなものではなく、生活上の疲れやストレスがたまっていただけと考えられます。しかしながら、あまりにも長期に渡って生理不順が続くようであれば、一度婦人科で相談してみた方が良いでしょう。もしかすると、深刻な病気が隠れているのかもしれません。

 

病院に行くほどではないにしろ、周期が乱れているのは何かしらのストレスや疲労が体にある状態と言えますから、素早くケアをしていくことが大切です。ちょっとしたことで女性の心身は影響を受けますので、早めのケアがコンディション調整には大切です。

 

生理不順を改善します⇒ 生理不順サプリの口コミは?

 

ヘモグロビンa1cの基準値と意味

 

健康診断による血液検査でヘモグロビンa1cの数値が使われるようになりました。昔は日本独自の基準で判定していましたが、今は世界基準でヘモグロビンa1cの数値が使われています。そんなヘモグロビンa1cの基準値はというと、6.2%未満は健康、6.5%以上は糖尿病の疑いということになります。

 

これが基準値となっていますので健康診断などをした際にはこの数値を覚えておいて自分の状態を把握するといいでしょう。またヘモグロビンa1cの意味についてですが、これは血中のグリコヘモグロビンの濃度を示しています。グリコヘモグロビンというのは赤血球に含有されているヘモグロビンと血糖が結合したものです。

 

ちなみに、このヘモグロビンが不足すると酸素を運ぶ働きがなくなりますので貧血になってしまいます。血糖というのは血液中のぶどう糖であり、血糖の量は食事内容や運動ですぐに変わります。ヘモグロビンa1cは食事によってすぐに数値が変わらず安定しているので、血糖値を調べるのには適しています

 

このヘモグロビンa1cの数値が高い場合、まずは医師に診せるようにしましょう。そのうえで、糖尿病予備軍と診断された場合は血糖値のコントロール、つまり食事などの制限などが必要になります。そうならないように日頃から食生活に気をつけ、食べ過ぎ飲みすぎには注意した方がいいでしょう。

 

⇒ 効率良くヘモグロビンa1cを下げるには?無理なく手軽に下げる方法を徹底解説!

 

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 ポリフェノールサプリの効果別ランキング!口コミ人気はどれ? All Rights Reserved.